損をしているかもしれない保険をきちんと探し出す

大型店舗

大型のスーパーやショッピングセンターなどには、保険相談サービスが存在します。そのサービスでは自分が加入している保険内容を見直しながら、自分の現在のライフスタイルに合っているのかを見てくれます。

» 詳細を確認する

必要なポスト専用

逓増定期保険は、法人が利用することができる生命保険になります。定期死亡保険になり、社長や取締役など、会社存続に必要なポストが対象になっている保険になります。また、特殊な保険になるので、節税の為に使用される事があります。

» 詳細を確認する

保険の説明を聞く

医療保険に入るときには、しっかりと考えて選ぶことが大切になります。保険は、家族構成やライフスタイルなどによって保険を見直しや変更などを行うことが大切になります。また、これらは、保険相談所などで説明を聞くことができます。

» 詳細を確認する

経験があっても加入

癌経験がある人は基本的に保険に入ることが難しくなっています。しかし、最近では、癌でも入れる保険があり、癌の経験がある人でも安心して入ることが可能になりました。こういった保険は、インターネットで探すことができます。

» 詳細を確認する

相談窓口を利用しよう

海外に出かける時は準備万端で臨みたいものです。海外旅行保険は当日でも入ることができますので、準備忘れにも対応できます。

東京海上日動火災保険の情報がこちらに満載です。もしもの火災のときのために加入しておくことをおすすめします。補償内容も充実してますよ

保険相談サービスを利用する方法

現在では独立型の保険相談窓口が急増しています。保険相談窓口では主にファイナンシャルプランナーの国家資格を持った人が、保険に関する加入や見直しなどの相談に乗ってくれます。 これらの保険相談窓口は、大型スーパーなどの一角に店舗を構えていたりすることも多く、直接行って相談を依頼することもできますし、ホームページを作成している会社ではインターネット上から申し込みをすることも可能です。 また、店舗に行く時間や近くにない場合は、電話やインターネットであらかじめ予約をすれば、希望の場所まで訪問してくれて相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーもいます。 相談に対する費用は無料で行ってくれるところが多いですが、一部有料のところもあるので確認が必要です。

相談窓口の利用を望む人達とその理由

任意で加入する保険には、生命保険や自動車保険、学資保険など色々な種類があり、複数の保険に加入している人も数多くいます。 生命保険や自動車保険は、病気や事故などが起きた場合に手厚い保障をしてくれるので、いざと言う時には経済的負担が少なくて済みますし、学資保険の場合は教育にかかる経済的負担を軽くすることができて大変便利なものです。しかし、年齢を重ねていくと結婚や出産、転職など、その時々で生活状況が変化し、保険料が経済的負担となってしまうこともありますし、新たに保険の加入を検討しなければいけないこともあります。 現在では保険会社も数多くあり商品も様々なので、どれを選んで良いか迷ってしまう人も少なくありません。そのような人たちが保険相談窓口の利用を望んでします。

経営者の方は必見です!節税対策は保険でできますよ!専門のプロ集団がしっかりとアドバイスしてくれます。

» ページのトップへ戻る