Support insurance

必要なポスト専用

どのような点に気を付ければいいのか

逓増定期保険というのは法人が利用できる生命保険の定期死亡保険です。 社長や取締役などの会社の存続に重要なポストの人が対象となっています。 逓増定期保険は特殊な保険なので節税のために利用されることが多いです。 保険金の半分を損金に計上できるので、法人税が少なくなるという節税対策ができます。 逓増定期保険は保険金額が段々増えていき、5倍までになるという特徴があります。 満期保険金のない掛け捨てタイプの保険ですが、早い段階で解約返戻金が高額になります。 そのため企業の節税対策や退職金を貯めるために利用されることも多い保険です。 注意すべき点としては、解約返戻金の値段がピークを超えると下がっていくということです。 このため解約をするタイミングが遅くなると、払った金額よりも減ってしまうという可能性があります。 また、逓増定期保険の契約期間は被保険者の年齢によって制限されます。 逓増定期保険で節税するためには、いつ契約していつ解約すればいいのかきちんと考えて行う必要があります。

逓増定期保険の特徴を知ろう

逓増定期保険の解約返戻金がピークになるのは、大体契約から5年後くらいになります。 この時期に解約すると、今まで支払った保険金のほぼ全額を受け取ることができます。 この方法は短期間でお金を積み立てることができるため、経営者の退職金などに利用する場合が多いようです。 また、法人から個人へ名義変更することによって資産移転が可能となり、節税することができるという利用方法もあります。 逓増定期保険は他にも自社株を引き下げて事業継承をする目的で使われることもあります。 これは保険料の半分が企業の損金として計上されることを利用するもので、事業を引き継いだ後に保険を解約すればお金が戻ってくるので、実質的に損をすることがなくなります。

» ページのトップへ戻る